Top>特集>医療事務の資格や求められるスキルについて解説!

医療事務の資格や求められるスキルについて解説!

事務の女性

キャリアアップに繋がる医療事務の資格とは

医療事務の資格はたくさんの種類があります。医療事務は資格不要で働けますが、専門知識を必要とするため資格を取得している人が殆どです。いくつか資格を取得しておけば、キャリアアップにも繋がるでしょう。

医療事務として、【歯科医で働く場合】と【病院で働く場合】を比較して

病院の方が就職先の幅が広がる

歯科医院も全国にありますが、病院の方が数多くあるため、就職先の幅が広がるでしょう。

歯科の専門知識が必要となる

歯科は試験範囲が歯科に関する分野に限定されるので学びやすいですが、その分専門知識が求められます。

医療事務の給与や手当について

医療事務の平均年収は300万円程度だと言われており、一般事務とほとんど同じであると言えます。大学病院かクリニックかによって多少給料が前後するようです。

医療事務に求められるスキル

女性

レセプト業務に必要なスキル

レセプト業務は、保険診療の診療費を保険者に請求するための仕事であり、専門知識が必要となります。医療機関の経営を左右する大切な仕事の1つです。

医療機関のシステムに関するスキル

医療事務は、事務仕事以外にも患者さんとのやり取りがあります。受付でスムーズに対応するためにも、最低限の医療機関に関する知識を持つ必要があるでしょう。

コミュニケーションスキル

病院は規模によりますが、小さいお子様からお年寄りまで幅広い年齢層の患者が訪れます。多くの人とうまく付き合えるだけのコミュニケーションスキルが求められるでしょう。

臨機応変に対応するスキル

病院やクリニックでは、日々予想していないようなトラブルが起こる可能性があります。いつどんな事が起こっても、冷静に対処できるスキルが求められます。

個人情報を漏らさない倫理観

病院やクリニックでは、患者の個人情報をたくさん扱います。当然ですが、医療事務も働くうえで知り得た個人情報は絶対に漏らしてはいけません。